Weekender's Table

台灣行旅的餐桌

台鐵便當

Tips

台湾高鐵に乗ったら何はともあれ台鐵便當

2017/04/25


今や台湾名物の一つと言ってもいい台鐵便當。販売店はいくつもあってそれぞれ多少の違いはあれど、日本の駅弁のように豊富なバリエーションがあったりというわけではなく、基本はいたってシンプルな「肉のっけご飯」。そしてだいたい茶色い。

台鐵便當

オーソドックスな排骨八角木片盒便當。ご飯の上に、青菜と滷蛋(煮卵)、おでんの具のような練り物、そして大きな排骨が乗ってる。味付けはまさにザ・台湾といったオーソドックスなもので、ブレなく美味しい。

台鐵便當

こちらは豆腐や落花生など具のバリエーションがちょっと増えて炊き込みのような味付きご飯になったもの。

豚排蓋飯佐擔仔肉燥麵

高鐵車内で販売していた「豚排蓋飯佐擔仔肉燥麵」は野菜も豊富でバランスがいいけど、やたら甘い味付けのニンジンと肉燥麵は正直微妙だったかな。

醬燒如意排佐米粉便當

素食の「醬燒如意排佐米粉便當」。肉卵類は使われていないけど、味付けはしっかりしていて豚排蓋飯の方よりもこっちの方が美味しかった。結構ボリューミー。

どうせ2時間弱で目的地に着くし、味に関しても乗車前や目的地到着後にどこかのお店で排骨飯を食べた方が美味しいかもしれないけど、窓の外の移りゆくのどかな風景を眺めながら食べる弁当はことさら美味しく、また旅情という意味でも高鐵便當は欠かせない旅の1コマなのです。

-Tips