Weekender's Table

台灣行旅的餐桌

阿宗麺線

台北

[台北] 阿宗麺線の大腸麺線はB級ではない

2016/12/03


大腸麺線というのはカツオ出汁のスープに、文字通り麺線(素麺)と豚の大腸(モツ)が入った食べ物。そう言われても想像できないんだけど、実際食べてみるとまさにその通りとしか言えない味。
でも文字面で見るのと実際食べるのとでは大違いで、想像してたより遥かに美味しい小吃だった。

阿宗麺線

麺線店は数あれど、たぶん台湾で一番有名なのがこの阿宗麺線。そして世界一美味しいのもたぶんこの阿宗麺線。店の前は長い行列と、イートインスペースが無いから立ち食いする人でいっぱい。
並んでいても進みは早いし、店員がテンポよく盛り付けていく作業を見ていても楽しい。

阿宗麺線

麺線は麺とは言えども、短かく切られているので啜るというよりもお粥みたいに掬って食べる。だから箸でなくレンゲをくれるんだけど、この頼りないプラスチックのレンゲがまたなんとも言えない駄菓子屋感を醸し出していていい。
ちょっとトロみのあるスープはカツオ出汁が効いていて濃厚。ほのかにニンニクと唐辛子の風味も感じられる。たっぷりのパクチーも嬉しい。

大腸は独自の漢方調味料で煮込んであるとのことで臭みは全くなく、味もよく染みている。柔らかいながらもモツ特有の噛みごたえはしっかり。麺の歯応えがほとんどない中で、この大腸のおかげで飽きが来ない。
阿宗麺線の肝は何かと聞かれればこの大腸の美味しさだと思う。

西門名物とも言える行列と立ち食いだけど、士林と忠孝復興(東區)にも分店があって、そちらはイートインもできて比較的空いてるから、西門の騒々しさを避けたい場合はそっちがおすすめ。

いずれにせよ、ここの麺線を食べてからは他で大腸麺線を食べる気がしなくなってしまったってくらい絶対的な味の店。
よく「台湾B級グルメ」として紹介されてるけど、「B級」の一言では片付けられないのは食べてみればわかるはず。

阿宗麺線

ā Zōng Miàn Xiàn (アーゾンミェンシェン)
住所:台北市峨嵋街8號之1
営業時間:10:00~23:00

-台北
-