Weekender's Table

台灣行旅的餐桌

度小月

台南

[台南] 度小月の擔仔麺は文化遺産と言ってもいいと思う

2016/12/03


これを食べずに台南を去るわけにはいかない名物擔仔麵。
もともと漁師がオフシーズンに麺を売って生計を立ててたのが始まりで、食材やら椀はおろか椅子や机までも担いで売り歩いてたことから「擔仔(=担ぐ)」の名がついたらしい。

度小月と言えば台北にも支店がある超有名店で、台南のお店はもはやほとんど観光地なわけだけど、やっぱり一度は行っておかないとということで足を運んでみた。閉店ちょっと前の遅い時間だったのですんなり席に。時間的にも締めの一杯ということで擔仔麵のみをオーダー。

擔仔麵

作っているところを見られる席だったんだけど、一杯一杯すごく丁寧に作っていたのが印象的。盛り付けを見てもその丁寧な仕事が垣間見える。
スープは出汁と言っていいくらいのごくあっさりとしたものだけど、混ぜると肉燥と上にかかったおろしニンニクのパンチが効いて立体的な味に。量はかなり少量だけど、台湾語の「食巧不食飽」(飽きずに美味しく食べて)を考えた量とのこと。
たかが小吃されど小吃、こういう美学というか昔からのこだわりってなんかいいね。日本のラーメンを食べ慣れてるともう少しコシのある麺で大盛を食べたいと思っちゃうけど、そうなるともう別のモノなんだろうな。

歴史や思想も含めてのこの擔仔麵。台南名物っていうか、もう文化遺産だと思う。
値段はサイドメニュー含め全体的に高めだけど、せっかく台南に足を運んだなら行かない手はないでしょう。

度小月(原始店)
Dù Xiaǒ Yuè Dān Zǐ Miàn (ドゥシャオユエ ダンズーミェン)
住所:台南市中正路16號
営業時間:11:00〜23:00

-台南