Weekender's Table

台灣行旅的餐桌

十三香

台北

[台北] 落ち着いて麺料理を食べるなら十三香はおすすめ

2016/12/03


台北で麺が食べたくなると真っ先に思い出すのがこの店。科技大樓站という、旅行者はまず降りないだろうMRT駅から歩いて10分くらいのところにある十三香。台北101あたりからならタクシーでもそうかからないはず。

白菜獅子頭麺

有名なのは白菜獅子頭麺。獅子頭と呼ばれる巨大肉団子と白菜のスープと、汁なしの拌麺が別々で出てくる。

白菜獅子頭麺

台湾の肉団子はすり身状の肉を固めてQQ食感にしたものが多いけど、これは肉の食感を残した挽肉団子。大きいけど口の中でほぐれるくらい柔らかく、トロトロに煮込まれた白菜の味がよく出た優しいスープによく合う。
麺はコシがある麺ではなく、噛むとプツプツと切れる細麺。よく屋台とかで出てくるちょっと残念な麺と違って、ここは麺が美味しい。
ほんのり胡麻油の香りがするしっかりした味付けの醤油タレがツルツルとしたこの麺を引き立てる。
食べ方に特に決まりはないみたいだけど、白菜獅子頭と麺は混ぜて一緒に食べるというより、ご飯とおかずの関係性で食べるのがいいんじゃないかなと思う。

泡菜肉末乾麺

少しパンチが欲しい時は泡菜肉末乾麺はおすすめ。台湾キムチと挽肉のスープなし麺で、ほどよい酸味と辛みが後引く一品。ここの麺は乾麺や拌麺によく合う。

酸辣拌麺

酸辣拌麺は具の無いごくごくシンプルな麺。その名の通り酸辣のまぜそば。最初出てきたのを見たときは見た目に正直ちょっと面食らったけど、確かに「酸辣拌麺」としてはこれ以上でも以下でもないなと。
よくよく考えると、台湾の料理は具材がちゃんと名前に書かれているなあとふと気づく。前述の「白菜獅子頭麺」然り、「泡菜肉末乾麺」然り。日本ならメニューに「具なし」って書かないとクレームになりかねないけど、台湾人からすれば「そもそも具なんてどこにも書いてないじゃん」てことなのかもしれない。

それに台湾の人は麺一杯だけ頼むというような食事はあまりしないように思う。大抵、小菜や魯味なんかがテーブルに乗るから、やっぱり麺は日本人でいう白米のような位置づけなのかなと。ということでなんとなく納得。

十三香

ちなみに小菜は奥に並んでいるのでセルフで。豆もやしと豆腐と枝豆の和え物は素朴だけど箸休めにちょうどよかった。

半筋半肉麺

一応、オーソドックスなスープありの牛肉麺も。スジと肉のハーフの半筋半肉麺(紅)は結構な辛さ。どこか上品さも漂う味付けと辛さで個人的に好きなタイプ。でもどっちかというとやっぱりこの麺はスープなしの方が好みかな。

夜は火鍋なども食べられるし、ちょっと落ち着いて食事がしたい時にはいいお店。

十三香

Shí Sān Xiāng (シーサンシャン)
住所:台北市大安區和平東路三段48-6號
営業時間:11:30-14:30、17:30-21:30

-台北
-