Weekender's Table

台灣行旅的餐桌

三代福州意麺老店

台中

[台中] 三代福州意麺老店は乾意麺と総合魚丸湯が鉄板の組み合わせ

2016/11/29


三代福州意麺老店

台湾中部を代表する市場と言われる台中第二市場。この歴史を感じさせる外観が大好き。できることならどこかの生鮮市場みたいに移転して箱モノ市場になってしまわず、ずっとこのままであってほしい。
三代福州意麺老店は創業100年になるこの第二市場の最初からあるという老舗中の老舗で、名前に三代とあるけど今は三〜五代目も店に立ってるらしい。

乾意麺

招牌(看板メニュー)の乾意麺は見るからに「間違いない」ビジュアル。かき混ぜると、タレの芳醇な香りがフワッと鼻腔を抜ける。
店で打っている麺はコシのある平打ち麺。食べごたえのある食感で、ツルツルした舌触りもいい。
肉燥は脂分が少なく意外にあっさり。気持ち程度に振られた黒胡椒と青ネギが、単調になりがちな中でいい感じのアクセントを加えている。
醤油ベースのタレは輪郭のあるしっかりとした味で麺とのバランスも良く、あくまで麺が主役と考えるとほぼ満点に近い乾意麺じゃないかな。

総合魚丸湯

総合魚丸湯は、豚肉を魚のすり身で包んだ「福州丸」、カジキのつみれの「旗魚丸」、蝦すり身団子の「蝦丸」と、3種類の大きな魚丸が入ったスープ。いずれもしっかりとした味で、例に漏れずQQな食感。
ほのかな甘みのあるあっさりとしたスープはしっかり味の乾意麺によく合う。

この店には「乾意麺加○○湯」というセットメニューもあり、それぞれ別で頼むより5元ほど安い。バラバラに注文しても勝手にセットにしてくれていて、日本円にして20円弱だけどなんか嬉しい。ちなみに、乾意麺単品で頼むと蝦丸が一個ついてくる模様。
味はもちろん、こんなちょっとばかりの心配りも長年支持されている理由の一つなのかもしれない。

三代目福州意麵老店

Sān Daì Fú Zhoū Yì Miàn Laǒ Diàn (サンダイフージョウイーミェンラオディエン)
住所:台中市中區三民路二段1之7號(第二市場内)
営業時間:8:00~18:30

-台中